協力のお願い

このサイトを気に入ってくれた方、役に立ったと思われた方。
これからもサイトを運営していくためには資金が必要です。
より良いサイトを作っていくためにも、ぜひ協力してください。
協力していただける方は下の画像購入をお願いします。

\1,000-

\2,000-

おススメ

categories

bookmarkplus

MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

Yahoo!検索ランキング

RSS

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.10.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

何もかも捨ててしまいたい時

辛い時、何もかもがどうでもよくなって全てを捨てたい時が誰にでもある。
私が思うに、捨ててしまってもいいのではなかろうか?


辛いと思う時、必ず何かしら要らないものを背負っているものだ。
要らないと気付かないまま、全てが大事なものと思い込んで背負っているのだ。


一度全部ブチまけてみるといい。
目の前に散らばった色んなものを見てみると、実は捨ててもいい物、捨ててもいい思いがあるものだ。
それが無くなったら自分が自分でなくなるような気持ちになるかもしれない。
でも安心していい。捨てる事で新しい何かが自分の下へやってきて今まで以上の自分になれる。


私がそうだった。
たくさんの『思い』が『重い』になって圧し掛かっていた。
どうしようもできなくて、しがらみに縛られるばかりで、とにかく苦しかった。


結局パニック症になったんだが…
でも、その時に色んなものを捨てたおかげで今の自分がいると思っている。


人は生まれてから集めてきた全てのものを持って生きることはできない。
子供の頃お気に入りだったオモチャや人形を持ったまま大人にはなれない。
必ず今のステージで必要なものしか持って歩けないようにできている。


辛い時、何もかもがどうでもよくなった時、自分の中の何かを捨ててしまえばいい。
案外楽になれる。それは悪いことじゃない。



JUGEMテーマ:人生論

夢と憧れを間違えないために

夢がある、理想があると言っても、ただ頭の中で思い描いていたのではなかなか実現することはできない。

特に今の世の中は情報があふれかえっている。
TVや雑誌、ネットには羨むような世界や、欲求を掻き立てるコンテンツがたくさんある。

そういったものに憧れを持ち、「あーなったらいいな」「こーできたらいいな」「これが私の夢だ」と夢を膨らませていくと、自分にとって一番大事なものが何なのか、何が意味をもっていることなのか頭の中だけではまとまらなくなってくる。

あなたはどうだろう?
自分の人生で実現させたいと思う夢や理想と、ただの憧れの区別はついているだろうか?
ただの憧れを叶えたい夢と勘違いして実現できないことを嘆いてはいないだろうか?

間違った感情に振り回されてはいけない。
自分が本当に望んでいることは何なのか?どうすればそれがわかるのか?

DreamNoteはその答えの出し方を教えてくれる>>

JUGEMテーマ:夢に向かって
 

人生を悲観するな

仕事柄、ネットで調べ物をする機会が多い。
そうすると「人生に疲れた」「自殺したい」「夢をなくした」などという書き込みにブチ当たる事が何度となくある。

きっと一時的な気分の落ち込みがほとんどだとは思うが、あまり自分の人生を悲観しなさんなと言いたい。

辛いことがあったら悲観的な気持ちになってしまうのは仕方ない。
また、誰だってその状態から抜け出したいと思っているだろう。
その抜け方がわからないから余計辛くなっているのだろう。

個々の悩みに答えることはできないが、万能な答えを知っている。

『辛いという字に一を足したら幸せになる』

今、人生を悲観している人に足りないのは一つだけ。
何か一つ見つけることができたら、その状態から脱出できる。

でも、その一つは何なのか?
明確に答えてほしいのはそこなんだろうが、人の価値感はそれぞれだから絶対コレという答えは出せない。

ただハッキリと言えるのは、ジッとしていては何も解決しない。
今の行動範囲では新しいものは見つからない。


JUGEMテーマ:人生論

夢を叶える気、ほんとにあるの?

「自分には夢がある。やりたいことがあるんだ。」 

こんなことをいつも言う知り合いがいる。 
 なので、DreamNoteを紹介したのだが… 

「そうゆ〜の、やってもいいんだけどね〜…  
 本当に効果があるかわかんないじゃん。」 

 と、返された。 

実際にDreamNoteを使ってて色々な夢や理想を叶えている私が目の前にいるのに、効果の有無が理解できないのか??
同年代の平均年収より多く稼いでいて。
BMWで通勤していて。
バイクも2台所有していて。 
飛行機はプレミアムクラス、新幹線はグリーン車が当たり前。
クレジットカードはゴールド。 
他にも色々、自分が望むものをたくさん叶えてくれてるんだが… 

知り合いはその事実を知っている。 
確認すると… 

 「いや〜、俺には向いてそうにないから…」 

と言って逃げられた。 
結局、口先だけなんだろうなと思った。 
それかある日突然夢が叶うと思ってるんだろう。 

「ドラえもん!何とかしてよ!!」の世界か? 

それは現実逃避だろう。 
それでいつものび太はどうなってる? 
ほぼ間違いなくしっぺ返しを喰らっているではないか。(映画では活躍してるが) 

自分の夢や理想が、ある日突然叶うことは無い。 
努力しろなんて精神論を言うつもりはないが、やっぱり1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がるでやっていくしかないのではなかろうか。 

Dream Note Project 〜マイペースに夢を叶えよう〜
http://dreamnote.free.makeshop.jp/

JUGEMテーマ:夢に向かって

勉強する意味

 学生さんの悩みの中でもTOP5に入るであろう悩みに『勉強』があるだろう。
なぜ勉強しないといけないのか?

数学の難しい計算式も、理科の元素記号や実験が何の役に立つのか?
社会も音楽も、その他モロモロ将来何の役に立つのか全然わからない!
もう言い出したらキリが無い!!

…と、私が学生時代の頃は思ってました。
おそらく今の学生さんも同じではないかと思われます。

でも社会に出て15年目を迎えると、それなりに回答を出すことができる。
私なりの回答だから、意見は色々あると思うが…


『学校へは勉強の仕方を勉強しに行っている』


専門技術職につくと本当に毎日が勉強の毎日だ。
それ以外の職種でも同じだろうが、本当に毎日が勉強だ。

30歳を超えた今でも色んな事を覚え、考え、自分なりの答えを出していかないといけない。
学校の勉強なら教科が決まっているから範囲も絞れるが、社会人になるとそうはいかない。

人間関係もそうだろう。
学校は小さい社会だ。

縦の関係、横の関係。
本当に面倒だと思っていたが、社会に出るとその比ではない。
社内、社外、ご近所さん、社会全体。全部人間関係。
その処世術の基礎を教えてくれるのも学校だろう。

中学の頃いじめを受けたことがあるが、社会に出るとそんなもんじゃない。
下手すると人生に関わってくる…

学生時代、もっと勉強しておけばよかったと後悔することも少なくはない。
でも、頭悪いなりに私の人生は本当に面白い!


Dream Note Project 〜楽しく生きなきゃ意味がない〜
http://dreamnote.free.makeshop.jp/

人は人、自分は自分

 小さい頃、おもちゃをねだったりすると必ずと言っていいほど言われた台詞がある。

『よそはよそ。うちはうち』

よそ様にあるからといって、うちに必要かと言えばそうではない。
うちには必要ないと言って怒られていた。

ケチな親だと思っていたが、今ではそれを教えてくれた親に感謝している。
人は人、自分は自分という感覚を持つことができたからだ。

人が持ってるから、自分も買おう。
人がやってるから、自分もやろう。
人が○○だから、自分も○○しよう。

私にはそんな感覚は無い。
自分が必要なものを買うし、自分がやりたいことをやる。
それで失敗しても誰のせいにもしない。
だって、自分が決めたことだから。

誰かと価値観が違っても気にしない。
人は人、自分は自分だから違ってて当たり前。
そういった感覚でいると、相手の事を尊重することができる。

違うのが当たり前で、同じことは奇跡とまで思える。
自分はできなくて、相手はできるってことに対して素直に尊敬することができる。

みんなと違うことに不安を抱いている人が多い。
そんなこと気にする必要はない。

人は人、自分は自分。
何もかも同じである必要はない。


簡単に答えを欲しがるなよなぁ〜

どうしていいのかわからない時、人は答えを欲しがる。
ただ1つの正解を欲しがる。

でも、学校の算数や国語とは違って人生にただ1つの正解は無い。
あるのは自分の中にある答えだけ。

そしてその答えが正解なのか不正解なのかについては、誰も明確には回答できない。
正解という人もいれば、不正解という人もいるだろう。

だからこそ余計にただ1つの正解を欲しがるんだろうけど、それはあまりに他力本願ではなかろうか?
インターネットや携帯電話が普及し、人生相談などが簡単に書き込める掲示板があふれる世の中で本当に些細なことでもすぐ書き込んで答えを欲しがる人が多いような気がする。


私の同僚でビジネス書を読み漁る奴がいた。
叶えたい夢があるらしい。

夢があることはいいことだと見守っていたのだが「本を読んでも考え方は書いてあるが、欲しいのは答えなんだよな〜」と言ってるのを聞いて落胆したことがある。


答えは自分の中にある。
本を読み、人の話を聞き、何かを経験し、その中から自分なりの答えを構築していく。
それが大事だと思う。

自分なりの答えを構築しようとするには、自分と向き合う必要がある。
とてもシンドイ作業だけど、それしか方法は無い。

もし、自分の出した答えが間違っていると誰かに批判されたら、その時は誤ればいい。
そして考えを修正すればいいだけだ。何も命を奪われるわけじゃないんだし。。。


自分で考えて答えを出さない奴に、夢を叶えることなんてできないと思う。


Dream Note Project 〜マイペースに夢を叶えよう〜
http://dreamnote.free.makeshop.jp/

一番の夢は。。。

自由になりたかった。
いつも、背中に生えたでっかい羽根を広げて自由に飛び立つ妄想ばかりしていた。

全ての原点はココだと思う。
なんかついこの間までしょっちゅう頭の中に浮かんできたイメージなのに、自由な身になった今ではすっかり忘れてしまってた。

DreamNoteを読み返してみても、あっちこっちに「自由になる」って書いてある。
自分のイメージ描いたイラストは羽根を持ったウサギだし…(卯年生れなんで)

夢はひとつじゃない。
まだまだ叶えないといけない夢はたくさんある。

まだまだ前進しないといけない。

それにしても、いつの間にか一番の夢を叶えていたとは…
というより、それに気づいていなかったとは(^^;
どうりでここ1ヶ月、何か気が抜けてるはずだ

DreamNote、まだ上手に使いこなせてないってか。


Dream Note Project 〜いつの間にか夢が叶ってます〜
http://dreamnote.free.makeshop.jp/
 

準備はどこまで必要?

独立する前、まだサラリーマンの時の話。
本を読んだり、人と話をしたりした中で必ず言われたのが『準備はしっかりしろ』ということ。

独立だけでなく、色々なことに言える話だとは思うけど、この準備ってどこまでやればOKって言えるんだろうか?

独立企業で言えば、半年は無収入で生きていけるだけの生活費とか、事業に必要な備品・什器とか、税金の試算、その他あると思うけど、あれについて考えておきなさい、これについて検討しておきなさいと言われても正直イメージできなくて、何となくそんなのも必要なんだ…で独立してしまった。

どうなるんだろう…と不安はあったが、いざ独立してみると必要なイベントはポンポン出てきてくれて、やらないといけないことは自然と見えてくるようになる。
そして、前もって準備していなくても必要になった時点で用意しても十分対応はできた。

周りには同じように独立企業しようと夢見てる同僚がいたけれど、一様に「人脈が無い」「資金がない」「ノウハウが足りない」などと準備ができてないと言い訳をしていた。
いざ独立してみると、そんなの別に無くても何とかなるもんだなぁ〜といった感じ。

なにごとにも同じことが言えるんだろうが、やりたいことが出てきて、ある程度の知識がついたらさっさと動き出した方が無駄な思考時間が無くなっていいと思う。

動きながら考える。
見落としがあったら、気づいた時に対応する。

それでいい。
準備はあんまり必要ない。


夢が無いなんて…

JUGEMテーマ:夢に向かって
仕事で調べ物をするためインターネットで色々検索していたら、たまたまYahoo!知恵袋に行き着いた。

Hitした場所は「人生相談」カテゴリ。
思わず色々読んでしまったのだが…驚いた。

夢がないとか、人生絶望したとか、自分には価値がないとか。
正直、「なんで!?」と質問したくなった。

自分もパニック症を患っていた時は確かに何もしたくないし、何も考えたくなかった。
だから書き込んだ人もきっと一時的に気が滅入ってるだけなんだとは思う。

それにしてもこんなに多いものか…

そうやって考えると自分はすごく運がいいと思う。
パニック症で仕事にも行けず、休職して一日中家の中に居た自分を養ってくれた親がいて。
自分の事を気にして仕事中に家に様子を見に来てくれた友達もいて。
結局仕事を辞めたけど、その後も付き合ってくれる同僚がいて。

だからこそ自分は立ち直れたし、今はひとつずつ夢を叶えていけてるんだと思う。
「人は一人じゃ生きていけない」という言葉の意味がわかった気がする。

自分はたくさんの夢を叶えることができるようになった。
これからは誰かの夢をサポートできるようになっていきたい。

<< | 2/4PAGES | >>