協力のお願い

このサイトを気に入ってくれた方、役に立ったと思われた方。
これからもサイトを運営していくためには資金が必要です。
より良いサイトを作っていくためにも、ぜひ協力してください。
協力していただける方は下の画像購入をお願いします。

\1,000-

\2,000-

おススメ

categories

bookmarkplus

MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

Yahoo!検索ランキング

RSS

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.10.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

親父の存在

パニック症で休職するタイミングを同じくして、親父が定年退職した。
母親にしてみれば、一度に二人の男が一日中家にいる生活になったのだから本当に大変だったと思う。

本当に今更ながら申し訳ないと思う。

でも、私にとってこの親父の存在はパニック症を治す上で色々な意味で影響を与えてくれた。
朝起きたらご飯を食べて、何をするわけでもなくTVをボーっと見るか、新聞を読んで、それに飽きたら朝昼関係なく寝る。
その姿はまるで自分そのものだった…
それが嫌でとてもイライラしていた。

とても嫌だったけど、何もできない状態だったのも事実だ。
親父と同じは嫌だと思っていながらも、何も気力出ない状況は本当に情けなかった。

私にとって親父の存在は反面教師だった。
これは小さい頃からそうだった。
だから気力が何もない状態の時でも「あぁはなりたくない」という意識だけは持っていた。

親父の存在は、私の気力を取り戻す一因であったことは否定できない。
自分の身近に「なりたくない自分」のモデルがいた事には感謝しないといけないと思っている。

JUGEMテーマ:ウツ・キレる・情緒不安定・イライラ・不眠・うつ病・人格障害・不眠症・虐待・過食症・拒食症・依存症
 


スポンサーサイト

  • 2013.10.23 Wednesday
  • -
  • 22:50
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック