協力のお願い

このサイトを気に入ってくれた方、役に立ったと思われた方。
これからもサイトを運営していくためには資金が必要です。
より良いサイトを作っていくためにも、ぜひ協力してください。
協力していただける方は下の画像購入をお願いします。

\1,000-

\2,000-

おススメ

categories

bookmarkplus

MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

Yahoo!検索ランキング

RSS

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.10.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

誰が病気を治してくれる?

あなたのうつやパニック症を治してくれるのは誰だと思いますか?

お医者さんですか?
親、兄弟ですか?
恋人ですか?
友達ですか?

全部違います。
あなたの病状を治してくれるのは、他でもないあなた自身です。

あなたを心配してくれる人はたくさんいるでしょう。
でも、その人たちはうつやパニック症までは治してくれません。

あなたの病状を治せるのは、あなた自身しかいません。

私もパニック症を経験したひとり。
個人的な意見だと、この記事を読めている時点で、うつやパニック症を改善する力はあると思います。

私は病状がひどかった時は、ご飯とトイレの時以外は布団から出れませんでした。
一日のほとんどを寝て過ごしていました。
うつやパニック症といった病状と向き合おうと考えるようになったのは、ある程度動き回れるようになってからです。

なので、病状がまだ重い時はこの事は考えなくてもいいですが、ある程度動き回れるくらい回復してきたら思い出してください。

「自分の心の病気は、自分にしか治せない」

誰かが治してくれると思っていたら、いつまでも治らないですよ。



JUGEMテーマ:ウツ・キレる・情緒不安定・イライラ・不眠・うつ病・人格障害・不眠症・虐待・過食症・拒食症・依存症
 


スポンサーサイト

  • 2013.10.23 Wednesday
  • -
  • 22:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック